《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。





高円寺 賃貸ナビ
高円寺 賃貸
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:25 4 19

皆様は、減量の苦手意識がトラウマになっていませんか?

減量での苦手意識というのは、
運動が苦手なら、運動による減量。
食べる事が好きなら、食事制限による減量。
など、自分が苦手な事をやらなければいけない減量法の事です。

そして、トラウマとは、
運動を頑張りすぎてイヤになり、減量が続かなかった!
食事制限がつらくて、反動で食べ過ぎてしまったり、リバウンドしてしまった!
その結果、結局成功しないから、
減量自体が苦手…となってしまってはいませんか?

私は、ずっとそうだったんです。

食べなかったり、ひたすら運動したり…
辛い思いで頑張ったのに、なかなか成果がでなかったり…
やめたらリバウンドしてしまったり…

減量して綺麗になりたいのに失敗続きで、
またつらい日々が続くのか…と憂鬱になってしまったりしていたんです。

しかも、繰り返し減量をしていた事で、
もし痩せても、またいずれ減量しなきゃいけないのかな…
とどんどんマイナスな気持ちになってしまったんです。

しかし、特定の減量法に苦手意識をもってしまうのは、
今までの経験上、
ハード過ぎたためだったりすることが多い気がするんですよね。

だったら、逆に
いつもの生活とあまり変わりのない、
頑張り過ぎる必要のない、減量だったらどうでしょうか?

減量では、
適度な運動ときちんとした食事はとても大切な事ですよね。

適度に運動して、バランスよく食事を摂る…
簡単ではないと思うかもしれませんが、
絶食や過度な運動などに比べたらとても楽なんです。
だって、いつもの生活をほんの少し見直すだけなんですから!