《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。





高円寺 賃貸ナビ
高円寺 賃貸
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:09 9 19

カレーには
スパイスや生姜・ニンニク・タマネギなどの香味野菜により
新陳代謝を高め、脂肪燃焼・発汗促進を促す効果があります。

でも、市販のルウは油分が多く、カロリーが高くなりがち…

ダイエット中でも安心してカレーを楽しむには、
調理法や食べ方を工夫すべきですね。

まず、ダイエット中のカレーは、
カロリーの低い魚介類やたっぷりの野菜でヘルシーに仕上げましょう。

具材に肉を使うときは鶏肉の皮を取り除く、
赤身の肉を選ぶなど脂身を減らす工夫をするといいですね。

そして、市販のルウを使わず、
カレー粉や複数のスパイスを使えば、
油分を大幅にカットできますよ。
市販のルウを使う場合は表示の分量の半分にし、
他の調味料で味を調えましょう。

また、
スパイスには食欲増進効果があるので、
カレーはついつい食べすぎてしまいがち…

なので、
ごはんに少し工夫加えて、
カロリーを抑えましょう。

例えば…
しらたきをごはん粒くらいに切り、
フライパンで炒ってからお米に加えて炊きます。
しらたきはノンカロリーなので、
ごはんのカロリーを減らすことができますよ!

また、雑穀米や玄米なら
白米より噛み応えがあり、
良く噛んで食べることで食べすぎを防止できます。

カレーを単品で食べると、炭水化物に偏りますので、
野菜スティックや温かいスープなどをいっしょに食べ、
バランスをとりましょう。

また、他のおかずを食べあわせることで
カレーだけの食べすぎを予防できますよ。

このように
カレーも工夫次第でダイエット向きの料理になります。
ダイエット中でも美味しく食べて、
キレイに痩せたいですよね!