《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。





ハワイアンジュエリーチェック
ハワイアンジュエリー、今すぐ
URL:http://maile.co.jp/


《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:08 8 19

シェイプアップを心がける人たちが、
やせるだろうと思って口にしてしまうのが食パンです。

軽くて量も少ないので、食べた後腹が出っ張りにくい。
そのためシェイプアップをしようとする人は、
食パンを主食にしてしまいがち…

しかし、
食パンにはシェイプアップに不向きな点がいくつもあります。

まず食パンは、小さいながらも高カロリー。
その上、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのが特徴です。
しかも、食パンだけでは味がないため、
ほとんどの場合、バターやマーガリンなどを使って味付けしますよね。

ただでさえ高カロリーな食パンに、
油分のかたまりであるバターやマーガリンを使うのは、
さらに高カロリーにしてしまうだけです。

さあ、ここまではまだいいとして、問題なのは次です。
食パンの特徴は、少量で満腹を感じやすいことです。

なぜ少量で満腹感を得られやすいのかというと、
消化・吸収の早い「小麦粉」を使っているからです。
小麦をひいて粉の状態なので、そもそも消化が非常に早い。

しかし、これはいいようで、実はよくないのです。

食べて間もなくすれば血糖値が急上昇します。
すぐに満腹感を得られますが、消化・吸収がよくて急激に上がった血糖値は、
すい臓から血糖値を下げるインスリンを分泌され、
その後は急激に下がります。

そのため、食パンを食べてすぐに満腹感を得られても、
またすぐに空腹を感じやすくなります。

その結果「食べる量が多くなる」のです。

さっき食パンを食べたばかりなのに、
しばらくたてば不思議とまた腹が空くのはそのためです。

ですから、食パンを主食にしている人は、
すぐに腹が空きやすくなり、
我慢をする時間が長くなるわけです。
だから、シェイプアップに挫折しやすいのです。