よくわかるバイク用品ガイダンス

よくわかるバイク用品ガイダンス


よくわかるバイク用品ガイダンス

お気に入り登録必須の工事用品情報サイト!

プライヤーは「つかむ」という動作をしてくれる工具のひとつです。
その中にプライヤーレンチというものがあります。
この名前を聞いた事がありますか。
実はまだ認知度が低い工具のため、自動車整備士の中でも利用したことがないという人も多いようです。

しかしこのプライヤーレンチ、誰もが認めずにはいられない凄い工具なのです。
今後、このプライヤーレンチの認知度も高くなっていくことは間違いないでしょう。

なぜこのプライヤーレンチがすごいのかというと。
様々な理由があるのですが、中でも特にすごいのはその力です。
とにかく掴む力が強力なのです。「つかむ」ことが重要なプライヤーにとってはこれはとても重要なポイントです。
そしてほとんどのプライヤーがそうですが、実際掴む部分の内側がギザギザに刻まれていますよね。
それはものを掴む時に、すべらないようにするためにギザギザになっているのです。
しかし場合によって、このギザギザ部分がモノを傷つる原因となったりしているわけです。
ですがこのプライヤーレンチのいいところは、モノと接触する部分が平らになっています。
それがプライヤーレンチの場合持つ力が強力なので、あのギザギザがなくても、モノを傷つけることなく使用出来る工具なのです。

ほかにもまだまだすごいところが沢山あります。
一番わかりやすいのは一度試してみることですね。



よくわかるバイク用品ガイダンスブログ:19 9 19
お母さんの身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
息子がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか主人のお母さんに
息子を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分のお母さんや主人のお母さんがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもお母さんの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには息子を預けない。

保育園に息子を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
お母さんの方も未練たらたらで息子を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

息子は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。

よくわかるバイク用品ガイダンス

よくわかるバイク用品ガイダンス

★メニュー

<工具ガイド>洗車キズを癒すには
<工具ガイド>エアコン充填の注意点
<工具ガイド>エンジンオイルの交換とウエス
<工具ガイド>マスキングテープ使用のポイント
<工具ガイド>プライヤーの使い方
<工具ガイド>オイルの通販は大変お得
<工具ガイド>オイルエレメントの役割と交換
<工具ガイド>チェーンブロックの形式と価格
<工具ガイド>バッテリーの販売と性能
<工具ガイド>ホイールナットの分類の仕方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)よくわかるバイク用品ガイダンス