《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。





ソファベッド
ソファベッド
URL:http://innersofa.com/list/10022.html


《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:09 11 19

お子様の頃、お盆近くになると
わたくしが必ず訪れていたのは母方の実家…
丹後半島に母方の実家がありました。

親父の運転する車に乗り、
または母とお姉さんと共に列車で、行く経路は様々でしたが、
はやる心と共に祖父母の家に自宅から数時間をかけて到着します。

幼少の頃から、引っ込み思案だったわたくしは
母の足元に半身隠しつつ
「こんにちは!」と叫ぶのが精一杯…

祖母は広い土間を通り抜けたところにある、
居間から「いらっしゃい…」と
毎年同じように目をくりっと見開いて出てきてくれます。

母のお兄さんや弟たちは
やはりこの家を心地よく感じているのでしょうか、
皆が家族を連れてこの季節に集まります。

祖父はものをあまりたくさん語る人ではありませんでしたが、
クリスチャンであり
この夏休みの滞在の日程が日曜日にかかれば
必ず祖父にくっついて、徒歩10分ほどの教会へむかうのが
わたくしの楽しみの一つ…

毎年欠かさず必ず用意してくれていたのは、
わたくしとお姉さんのために新しい文房具をひとつずつ、
そして好きであろうジュースを1ケース…

祖父にはほっぺたが落ちそうなだったお子様ことで
「おむすびちゃん」といつもからかわれていたこと…

祖父の運転する軽トラックは
母や母の兄弟たちからは
「運転があらい!」と注意されていたけれど
わたくしはこの軽トラックの運転の荒さに伴ったスリルが
誰にも言えなかったけど大好きだったこと…

祖父の勤める製麺屋の「うどん」しかクチにしないわたくしの為に
祖母が作り置きしてくれていた「だし」が大好きだったこと…

宵っ張りだったわたくしとトランプをして遊んでくれたおばちゃん。
同じく深夜の映画に付き合ってくれたおじちゃん。

ひとつ思い出すと次から次へと、
思い出すのはわたくしに向けてくれていた笑顔の数々…